A&G+を視聴するには?
メールマガジンはこちら
番組SNS

声優系コンテンツが満載の文化放送の公式携帯サイトです。スマホとガラケーの両方で動画や音声のオリジナル番組が楽しめます。

(専用アプリも配信していますが、お楽しみ頂けるのは一部のコンテンツのみとなります)

文化放送のアニメ&ゲーム系Webラジオ「超!A&G+」を無料で楽しめるスマホ専用の動画再生アプリです

トピックスTOPICS

2020年12月 2日 18:12

井上喜久子・田中敦子主宰 声優朗読チャリティー「文芸あねもねR」  11/21(土)開催・オンラインイベントレポート!



文化放送と「文芸あねもねR」制作委員会が、東日本大震災復興のために、
声優による朗読オーディオブックを配信し売上を寄付するチャリティー企画「文芸あねもねR」が、
11月21日(土)に初めてのオンラインイベント「声優と作家の秋びより」をYouTube Liveで生配信しました。

チャリティー主宰者の井上喜久子さん・田中敦子さんのほか、
声優の井上ほの花さん、チャリティー書籍『文芸あねもね』(新潮社)の作家陣から、
宮木あや子さん、山内マリコさん、山本文緒さん、吉川トリコさん、柚木麻子さんが参加しました。

トークコーナーでは、趣味の話へ。
練習も兼ねて1日3回も着物を着ているという宮木あや子さんが「お着物良いよねー。
文芸あねもね着物部作っちゃいますか?」と女子トークを繰り広げました。
ゲームコーナーでは、作家陣が考えたお題を元に声優陣が即興エチュードを披露。
山内マリコさんからのお題「誕生日の次の日に」の中で「おばあちゃん」を演じることになった田中敦子さんと
「ラッパーの少年」を演じることになった井上喜久子さん。
第一声で田中さんがラップを繰り広げて、井上さんのキャラクターを乗っ取るというシーンも見られました。

そして「文芸あねもねR」の朗読作品・全10作品の最終作となる、
山内マリコさん作『アメリカ人とリセエンヌ』の朗読を声優の田中真弓さんが担当したことが番組中に発表されました。
※朗読配信開始日については未定。決定次第ホームページなどでお知らせします。

今回の生配信イベントの模様は、YouTube「文化放送A&Gチャンネル」にてアーカイブ配信中です。
文芸あねもねRでは、これまで東北3県(福島・岩手・宮城)の災害支援先へ627万6512円の寄付を行ってきました。
今回のYouTube Live配信にて皆様から頂戴したSuperChat(投げ銭)は、
配信手数料等を除いた全額を東日本大震災復興支援のために寄付します。

文芸あねもねRまとめ.jpgのサムネイル画像


【オンライン配信イベント概要】
■番組名:声優朗読チャリティー「文芸あねもねR」 YouTube生配信 ~声優と作家の秋びより~
■出 演:井上喜久子、田中敦子、黒岩希未代(アシスタント)、井上ほの花(お手伝いメンバー)
■ゲスト:宮木あや子、山内マリコ、吉川トリコ(リモート出演)、柚木麻子(リモート出演)、山本文緒(リモート出演)
■配 信:YouTube「文化放送A&Gチャンネル」にてアーカイブ配信中 https://www.youtube.com/watch?v=8hLf-JHh_fM
※YouTube Liveの「Super Chat」(投げ銭)で得られた金額から手数料を除いた全額を東日本大震災復興支援のため寄付いたします


【番組概要】
■番組名:純喫茶 あねもねR
■出 演:井上喜久子、田中敦子、黒岩希未代
■配 信:文化放送PodcastQRにて毎月3日・17日更新
■企画HP:http://www.joqr.co.jp/anemone-r/


「文芸あねもねR」とは...
2012年3月に新潮文庫から出版された東日本大震災の復興支援のためのチャリティー書籍「文芸あねもね」。
「女による女のためのR-18文学賞」に由縁のある10名の女性作家たちが作品を書き上げ、
書籍の印税は、東日本大震災の復興支援のために全額寄付しています。
この趣旨に賛同した、声優・井上喜久子さんと田中敦子さん、
そして彼女たちが声をかけた人気声優の皆さんが、「文芸あねもね」作品を朗読し、
「文芸あねもねR」としてCD・オーディオブック化して同様に売上を寄付しています。


CDは「文化放送A&Gショップ」にて販売中詳しくはコチラ
オーディオブックは「audiobook.jp」にて配信中詳しくはコチラ

  • A&GYouTubeチャンネル
  • A&Gショップ
  • 新AG-ON
  • A&Gアカデミー

  • 快活クラブ
  • V&R
  • BUSTAFELLOWS
  • Side Kicks
  • サクガン
  • プロジェクトアニマ